MTB ブルホーンバー変える

bicycle

自家塗装とシングルスピード化いたしまして、次にしたい作業はハンドルの変更です。

ブルホーンバーからブルホーンバーなんですけども・・。

NITTO ブルホーンバー購入

購入したのは右の肩下がりブルホーンバー。

ハンドルの太さは、フレームがMTBということもありバランスを考えてセンター径31.8の太めをチョイスしております。

取り付け開始

ステムとハンドルのセンター部分の径が同じでないと取り付け出来ないので要注意です。

ステムの内径も31.8ということになります。

ブレーキケーブルはハンドルに這わせてビニテでとめていきます。

シフターを取り付けました。

フロントシングルにしたので取り付けもひとつだけです。

メンテナンスも楽チン。

バーテープの巻き方は下から内巻き?という感じでいいと思います。

ちなみに、今回ハンドルと一緒に買ったコレ

ワイヤーカッター。

今までホームセンターに売ってるケーブルカッターを使っていたのですが、全然切れないというストレスがあったので試しに買ってみました。

最高の切れ味!

ブレーキケーブルやシフターケーブルが一発で、なおかつ綺麗な断面で切れます。

自分で整備する人は持ってたほうがいいですね。

話を元に戻しまして、もう片方のバーテープを巻きましたら完成です!

マウンテンバイクからピストバイクみたいになったな。

最初からピストバイク買えばよかったんじゃ?

チッチッチノンノン

自分でやることに意義があるのです。

コレから僕の人生で自転車屋の世話になる事はなくなるでしょう。

全てはあのハゲ店員のおかげですな。

ありがとう・・。