MTB フロントシングル化 其の1

bicycle

こんにちは。

我が愛車のフロントシングル化にまでに至るあらすじから書いていこうと思います。

勤め先のボスから自転車を譲ってもらったのが始まりです。

それがコチラ

プジョーのcadetという車種で、まわりまわって僕が3オーナー目らしい。

いわゆるマウンテンバイクなんですが、コイツをどうするかというと

最終的にこうなります。

これを知ってもらった上で読んでいただければと思います。

異変を感じ出す

防犯登録も書き換えて乗ってること1ヶ月、前輪のハブ辺りからゴリゴリ音が鳴りだす。

おやおやと思い、軽い気持ちで自転車屋に持って行きました。

僕「すんません前輪から音がするんで、見てもらえますか?」

店員「結構古いですねぇ、ホイールは新しくした方が安いですよ。もしかしたらフロントフォークが錆びててそれをつたってきた水が原因かも、フォークも換えた方がいいかもしれませんよ」

ホイールだけならまだしもフォークも!?

お古の自転車ではあったので修理はしょうがないかと思い一応値段だけ聞いてみると

店員「パーツ代込みで5〜6万ですね」

コイツ涼しい顔で言いやがる。

店員「スプロケットとチェーンも磨耗してるんで換えた方がいいです。あとブレーキシューも新しくした方がいいですよ、ブレーキワイヤーとギヤのワイヤーも交換が必要ですね」

どひぇ〜それって全部の交換が必要って事!?

僕「それ新品買った方がいいですよね」

店員「よくあるんですよ〜中古の自転車もらったけど修理費で結構な値段したって事〜」

コイツ涼しい顔で言いやがる。

「ちょっと考えます」

商売とはいえふっかけ過ぎでしょ店員さん!

軽い気持ちで来ただけなのに・・・。

修理の工賃相場を調べてみると

帰って自転車修理の相場を調べてみました。

ブレーキ交換    1000円

ケーブル交換 1本 1000円

車輪交換   前輪 1200円 後輪2500円

ハブ交換      2500円

チェーン交換    2000円  などなど

うーむ、工賃もばかにならんな。

愛着も湧いてきたし、こうなったら自分でやろうと思いネットで調べてみると、古くなったチャリンコを新しくするレストアという単語が多く出てきました。

フレームはそのままでハンドルやタイヤ、変速機などを自分好みに仕上げてオリジナルチャリを作るってことですね。

面白そうですな。

全部自分でやったるわ!

まずは資金調達。

メルカリで使わなくなったバックパックや使ってないカメラ数点出品し3万円ほど捻出できました。

パーツ選びに奮闘

まずは完成形のイメージづくり。

ネットで色んな写真を見て参考にしていきます。

ハンドルはストレートのハンドルにするかドロップハンドル(いいチャリについてる速そうなやつ)にするか迷っている中、ブルホーンというのが出てきました。

直訳で牛のツノ

マウンテンバイクの太いフレームに合いそうなイカつい感じ、ブルホーンに決定!

というわけで厳選した結果、NITTOのブルホーンバーを購入。

フロントフォークは、ヤフオクで1500円のクロモリという鉄製のやつを落札。

タイヤはフレームに合わせて、評判のいいパナレーサーの太さは1.50をチョイス

リアディテイラーはシマノAcera

リアスプロケットは変速機が8段式なので、8sシマノ11-32Tのブラック

ヘッドセットはタイオガの安いやつ

ブレーキは見た目とブレーキ性能でディズナ

クランクはフレームに干渉しないギリギリのシマノALTUS48-38-28T

あとは細かいパーツや専用工具をあれやこれや購入。

メーカーやロードバイクかそうでないかでパーツの互換性がないものなんですね、初めて知ったっす。

結局、合計金額3万ちょっと超えちゃいました。

そこそこの新品買えたなこりゃ・・・。

レストア開始してみる

作業経過はブログ始める前だったので記録しておりません。写真撮っときゃよかったわ。

なんやかんやで組んでいきます。

こうなりました

もはやフレーム以外別モノになっちゃいました。

そこそこの値段使っちゃいましたが、おかげでこの先、自転車屋のお世話にならずにすみそうです。

自分で組んだ分正規で買ったモノよりかわいく思えてきちゃいます。

古くなったけど愛着ある自分の愛車を好みのパーツでカスタムしてみると、新しい世界が開きます。

いよいよシングル化

MTB フロントシングル化 其の2