ニュージーランドにあるガイドブックには載ってない絶景。Cascade Saddle(カスケードサドル)

travel

ニュージーランドは自然の宝庫!

今回はニュージーランドの魅力の一つであるトレッキングをお伝えできたらと思います。

数あるトレッキングルートの中から今回は、カスケードサドルルートを紹介します。

カスケードサドルって何?

Cascade Saddle(カスケードサドル)とは、マウント・アスパイアリング国立公園にあるトレッキングルート上の峠の名前です。

場所は南島ワナカという町から車で1時間程。

目指すはラズベリーカーパーク

ワナカの町近くのキャンプ場で一泊後、出発地点であるRaspberry Creek car parkに向かいます。

途中で写真撮ろうと寄った湖畔。

すると、生まれたままの姿で白人美女が湖からあがってきました。

ビックリして、すぐさまUターン。

こういう時は、直視できないものです。

 

話を戻します。

車を走らせているうち、羊の大群に遭遇!

10分間の羊渋滞。

まさにニュージランドといった光景です。

アスファルトの舗装から砂利道になり、デカイ石がゴロゴロした悪路がしばらく続きます。

ようやくRaspberry Creek car parkに到着して、何気なく車に目をやると

なんてこった、パンクしとる・・・。

割と気を使って運転したはずなのにー。

レンタカーならスペアタイヤぐらいあるでしょうと恐る恐るトランクを開けてみる

ちゃんとジャッキとスペアタイヤ入ってました。

よかったー。

行かれる方は気をつけましょう。

保証外なので、後に260ドルの出費。

アスパイアリングハットまで2時間半の散歩道

次に目指すのは、Mt,Aspiring Hutという山小屋。

Raspberry Creek car parkからMt,Aspiring Hutまでは約9km。

2時間半の散歩道。

Matukituki River沿いをのんびり歩きます。

ところどころパイロンがあるので、相当な方向音痴でない限り迷うことはないと思います。

キャンプ用品は持ってないけど、食べ物や飲み物、寝袋となんやかんやで、バックパックはそこそこの重さ。

でも、その重さを忘れるくらいキレイな風景が広がります。

永遠と野原を歩き続け

川に合流

Matukituki Riverは氷河の雪解け水のため、かなりの透明度!

羊にも遭遇できます。

牛の放牧エリアに突入。

この辺一帯は、土なのかうんこなのか、よく分かりません。

そんなことは気にせず歩いていくと・・・。

何ここチョー綺麗!

オンシーズンにも関わらず人は少なめ。

全く・・空気が澄んでて気持ちがいいぜ。

ようやくMt,Aspiring Hutに到着。

予約は必須で、ベット数29、値段はアルパインメンバーで20ドル。

詳しくはコチラ NZ自然保護局サイト(DOC)

キッチンからの眺め

朝に出発すると昼ごろ到着できるので、のんびりと過ごしましょう。

カスケードサドルまでは約5時間

Cascade Saddleまで片道5時間、休憩挟むと往復10時間かかります。

翌日の登山に備え準備していると、丁度下山してきたイギリス人のおばちゃんが話し掛けてきた。

おばちゃま「あなたたちどこまで行くの?」

私ら   「カスケードサドルまでだよ」

おばちゃま「荷物持って行くの?」

私ら   「はい」

おばちゃま「荷物はチェックアウトしても、ここに置いていけるから絶対置いていった方がいいわよ」

そうなん?

いいこと聞いたぜ!

荷物は少ない方が絶対にいいに決まっている。

まだ暗いうちから出発して、ヘッドライトの明かりを頼りに、真っ暗なそしてかなりの急勾配の森を登っていきます。

目印のテープは要所要所あるものの、真っ暗で見失ったり見失わなかったり。

日が登り、風景もひらけてきました。

この辺で昼飯。

にぎり飯でも十分にうまい。

どんどん登ります。

嫁頑張る

このトレッキングコースのレベルはビギナーより上のエキスパートとなってます。

経験値が必要とのこと。

さらに登ると

頂上よりちょい手前にあるビュースポット

人工物のない景色はため息の出るほど美しいもんだと山に登るたびに思う。

自然の偉大さを改めて感じる瞬間です。

 

本当は峠を越えて氷河まで見たかったけれど、時間的にここでUターン。

来た道を戻り、ハットで荷物をピックし、Raspberry Creek car parkまで歩きました。

朝から歩いてもうヘトヘト。

帰りのワナカで飲んだビールは激ウマ!

今回はかなり弾丸な感じでしたがまた訪ねてみたいトレッキングコースでした。

ニュージーランドに行かれた際はぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?

オススメです!!